Mozilla、Firefox OSを搭載したすべての商用デバイスの開発から撤退

2016年9月29日 16:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 Mozillaは今年2月、スマートフォン向けFirefox OSの開発をバージョン2.6で終了すると発表していたが、その後Firefox OSを採用した商用デバイスの開発からもすべて撤退していたことが判明した(Julie McCrackenガジェット通信Slashdot)。

 ただ、パナソニックなど一部のパートナー企業に提供しているFirefox OSの保守業務は継続し、Firefox OSのOSS版である「Boot 2 Gecko」については提供が継続されるという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | OS | Firefox | 携帯電話

 関連ストーリー:
Mozilla、スマートフォン向けFirefox OSの開発をバージョン2.6で終了 2016年02月08日
Firefox OS 2.5 Developer PreviewはAndroidアプリ 2015年11月14日
Firefox OS搭載スマホの技適マークに誤り、回収へ 2014年08月04日
パナソニック、Firefox OSを搭載したスマートTV開発へ 2014年01月07日
ブラジルでFirefox OS搭載のLG製スマホが発売される 2013年10月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスマートフォンスマホパナソニックFirefoxMozilla

関連記事

広告