Jトラスト:「Jトラストインドネシア」販売事業好スタート

2016年9月20日 11:10

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■事業のポテンシャル高く、地域経済発展にも貢献

 金融事業を中心に事業展開するホールディングカンパニー、Jトラスト<8508>(東2)の子会社であるJトラストアジアが、グループリースPCL(GL)と共同設立した「グループリースファイナンスインドネシア(GLFI)」は、成長へのポテンシャルが高く、販売事業が滑り出しから好調に推移している。

 同社の事業スキームは、「GLFIが仕入れを担当し、Jトラストインドネシア銀行がファイナンスする」仕組みであり、販売実績はトラクターなどの農機具である。

 農村部の現状は、電気の普及も十分でなく、インフラ整備が急がれるが、GL社が、タイ・カンボジア・ラオスなどでバイクや農機具をリース販売し、簡易店舗を張り巡らす手法で成功している事例もあり、ノウハウを参考にしながら、インフラ整備の進行状況を視野に、取扱商品の種類・量の拡大を目指している。

■GLFI事業拡大~、インドネシアBK融資残高、2018年以降倍々増見込む:藤澤信義社長談

 同社藤澤信義社長は、「現段階で出来る簡単な試算」と前置きした上で、「GLFIの事業拡大に伴い、Jトラストインドネシア銀行は貸付残高の積上げが見込まれる。狙い通りに事業が進展した場合、GLFIを通じたJトラストインドネシア銀行の融資残高は、2018年以降、倍々の積みあげを見込んでいる。」と期待感を述べた。(8月27日・於:会社説明会)

 Jトラストグループは、インドネシア農村部が「太陽光パネルが設置されるだけで、白物家電などが普及する」といわれている今、ビジネスを通じて、家庭生活の環境や水準の向上、地域経済発展に貢献する活動を推進する。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
JFEシステムズは好業績や割安感を見直して7月の年初来高値目指す、17年3月期は6期連続増収増益予想(2016/09/09)
【チャートでみる株価】ソーバルは26週移動平均線から切り返し、上昇基調に変化なく上値試す(2016/08/26)
ワークマンはモミ合い上放れの動き、既存店堅調で17年3月期は6期連続最高益更新予想(2016/09/09)
JSPは調整一巡して切り返し、17年3月期微減益予想だが上振れ余地(2016/09/09)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告