トヨタ、トヨタ店70周年記念で「クラウン」などの特別仕様車

2016年8月29日 21:08

小

中

大

印刷

クラウンの特別仕様車「アスリートS-T“J-FRONTIER”」(オプション装着車、写真提供:トヨタ自動車)

クラウンの特別仕様車「アスリートS-T“J-FRONTIER”」(オプション装着車、写真提供:トヨタ自動車)[写真拡大]

写真の拡大

  • クラウンの特別仕様車「アスリートS-T“J-FRONTIER”」(オプション装着車、写真提供:トヨタ自動車)
  • クラウンの特別仕様車「アスリートS-T“J-FRONTIER”」(オプション装着車、写真提供:トヨタ自動車)
  • クラウンの特別仕様車「マジェスタ “Fバージョン・J-FRONTIER”」(プレシャスシルバー、オプション装着車、写真提供:トヨタ自動車)
  • クラウンの特別仕様車「マジェスタ  “Fバージョン・J-FRONTIER”」(内装色スモーキーブラウン、オプション装着車、写真提供:トヨタ自動車)
  • クラウンの特別仕様車「マジェスタ  “Fバージョン・J-FRONTIER”」(内装色スモーキーブラウン、オプション装着車、写真提供:トヨタ自動車)
  • ランドクルーザーの特別仕様車「ZX“G-FRONTIER”」(ブラック、写真提供:トヨタ自動車)
  • ランドクルーザーの特別仕様車「ZX“G-FRONTIER”」(ブラック、写真提供:トヨタ自動車)
  • ランドクルーザープラドの特別仕様車「ZX“G-FRONTIER”」(2.8Lディーゼル、ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン、オプション装着車、写真提供:トヨタ自動車)

 トヨタ自動車は29日、トヨタ店創立70周年を記念し、高級車「クラウン」の「アスリート」シリーズと「マジェスタ」シリーズ、クロスカントリー車「ランドクルーザー」、「ランドクルーザープラド」に特別仕様車を設定し、発売したと発表した。

 クラウンシリーズの特別仕様車は、日本のモノづくりの技術を駆使して作りだしたというレイヤーウッドステアリングやウルトラスエードのシートなどを採用し、純国産車としての質感をさらに際立たせた。ランドクルーザーとランドクルーザープラドの特別仕様車は上質感を高めた本革シートや海外仕様のシートを採用するなど、特別感とグローバル感を付与しているという。

 トヨタ店は、1946年に設立されたトヨタ自動車の中でも最も歴史のある販売店。「日本の道に日本のクルマを走らせたい」というトヨタの思いに共感し、戦後間もない時期に立ち上がって以来、自動車産業の発展のために今日まで歩んできたという。

 メーカー希望小売価格は、クラウン特別仕様車アスリート S-Tが475万7,400円、クラウン特別仕様車アスリート Sが520万200円、クラウン特別仕様車アスリート S Fourが541万6,200円、クラウン特別仕様車マジェスタが714万9,600円、クラウン特別仕様車マジェスタ Fourが673万9,200円、ランドクルーザー特別仕様車ZXが723万6,000円、ランドクルーザープラド特別仕様車TXが403万7,040円、477万5,760円(いずれも税込)。

関連キーワードトヨタ自動車トヨタ特別仕様車クラウンランドクルーザー

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース