日韓合意に基づき慰安婦財団に10億円支出へ

2016年8月13日 13:33

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 岸田文雄外務大臣は12日夕、韓国・尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官と約30分電話会談したとして、昨年末の日韓合意に基づく韓国政府設立の財団の事業内容で「大筋合意した」とし「日本政府としても昨年末の日韓合意にあるとおり、速やかに10億円の資金を支出すべく必要な手続きを進める考えである旨を伝えた」と語った。

 岸田外務大臣は「財団が元慰安婦の方々のために、元慰安婦の方々やその家族からニーズを調査した上で日韓両政府が合意する使途の範囲内で資金が支出されることになる」と語った。

岸田外務大臣は「我々としては医療や介護関係といった使途を想定している」としたうえで「日本政府による資金の支出が完了すれば日韓合意に基づく日本側の責務は果たしたことになるが、日本政府として日韓合意を守っていく」考えを示した。

また岸田外務大臣は、ソウルの日本大使館前の慰安婦少女像の撤去について「適切な解決のための努力を強く求めており、韓国側が適切に対応されると考えている」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
稲田防衛相 終戦記念日はジプチで自衛隊員激励
韓国当局者『相当な進展あった』と語ると報道
歴史認識・靖国参拝も「閣僚」に徹する 防衛相
大使館前の慰安婦像撤去は重要な要素 稲田氏
韓国政府 元慰安婦支援財団設立 日本近く拠出

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国岸田文雄慰安婦尹炳世(ユン・ビョンセ)

関連記事

広告