普天間の閉鎖、辺野古移設への協力が大前提―中谷元・防衛相

2016年3月28日 08:00

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 中谷元防衛大臣は27日午後、沖縄県の翁長雄志知事との会談後の臨時記者会見で、翁長知事から普天間基地の閉鎖についての考えを求められたとし「政府としては、できることについては全て行うということ、そして、実現のためには名護市辺野古への移設への理解と協力があること、これが大前提であるということをお答えさせて頂いた」と改めて辺野古への代替施設建設が大前提になることを伝えたとした。

 また、辺野古移設が唯一の解決策という政府方針について、中谷防衛大臣は翁長知事に対し「県外へ、国外へということもあったが、結果として再び辺野古しかないというようなことで、再び、こういった問題が混乱すると、より一層普天間基地の固定化、存続が続くので、政府としては、一日も早く、普天間基地の抱える危険性の除去に努めていきたいと思っている」と理解を求めていく考えを伝えたとした。

 また、中谷防衛大臣は、オスプレイの安全性についても、改めて翁長知事に説明したとした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
代替施設は沖縄の負担軽減に資する 中谷防衛相
5年以内の運用停止「辺野古移転が前提」
あくまで和解事項に沿って協議していく 菅長官
裁判所勧告受け入れを評価 普天間問題で谷垣氏
埋め立て中止も、辺野古は唯一の選択肢と総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード沖縄県オスプレイ辺野古中谷元翁長雄志

関連記事