スマートキー対応のポータブルなアルコール検知器の試作に成功

2016年3月25日 03:55

小

中

大

印刷

試作した呼気アルコール検知器(日立の報道資料より)

試作した呼気アルコール検知器(日立の報道資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 日立と本田技術研究所は24日、マウスピースなしで利用できるスマートキー対応のポータブル呼気アルコール検知器を試作したと発表した。

 検知器に息を吹きかけると、人間の呼気に含まれているエタノール濃度を約3秒で高精度に計測する。運転者が乗車前に計測できる利便性と、呼気以外のガスを用いた不正利用を防止する機能をそなえる。また、ドアの解錠やエンジン始動が可能なスマートキー対応としたことで、酒気帯び状態にある場合にはエンジンが始動しない。

 これまでの検知器は、大型のためアルコール検知器が車内に設置され、運転席で検査しなければならず乗車前に計測することができなかった。(記事:阪木朱玲・記事一覧を見る

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 画像はイメージです。
  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース