【話題】人工知能が囲碁で連勝しロゼッタなど「AI」関連株が活況高

2016年3月11日 11:11

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■世界的な囲碁棋士イ・セドル九段と「AlphaGo」の対局12日にも決着か

 11日午前の東京株式市場では、全体相場が再び大きく下げたこともあり、材料株や次世代の産業テーマに乗る銘柄の値動きが活発化し、「AI」(人工知能)関連株の逆行高が目立っている。

 たとえば、自動翻訳システムのロゼッタ<6182>(東マ・売買単位100株)は昨日の15%高に続いて本日11時にかけては10%高の1845円(166円高)と戻り高値を更新し、電子データ解析などのUBIC<2158>(東マ・売買単位100株)は朝方の3%安から切り返して1.4%高と堅調相場に転換。テクノスジャパン<3666>(東1)も堅調転換して強い。

 この一因として、市場関係者の中には、米グーグルグループの英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能システム「AlphaGo」(アルファ碁)と世界的な囲碁のトップ棋士イ・セドル九段(李九段・韓国)との対局が3月9日、10日にソウルで行われ、人工知能の「アルファ碁」が2連勝と伝えられたことを挙げて注目し直す姿勢がある。

 この対局は9日から10、12、13、15日の日程で5回対戦と伝えられており、最終決着はまだ分からない。報道を総合すると、李九段は日本の井山裕太碁聖に勝利した世界的な実力者だ。

 ただ、2回戦終了後には「アルファ碁が完璧で終始リードできなかった」と語ったとされ、勝ち星の数で行けば最短で12日に勝敗がつく可能性はある。人工知能が勝った場合、株式市場では週明けに「AI」関連株が一段と人気化するとの見方も出ている。

 ほかに主な「AI」関連銘柄としては、SJI(2315)、DeNA(2432)、UKCホールディングス(3156)、テクノスジャパン(3666)、インタートレード(3747)、システムズ・デザイン(3766)、ユニリタ(3800)、フィスコ(3807)、RVH(6786)などが挙げられている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【チャート診断】帝人は週足より日足チャートに短期妙味、次期好みとおしなら中期でも注目高まる(2016/03/08)
【狙い場・買い場】チノーは今3月期に80周年記念増配で合計40円配当、GC示現でチャート好転(2016/03/07)
【狙い場・買い場】日本ドライケミカルは自動火災報知機設備の老舗、今3月期増収増益で年70円配当(2016/03/03)
【狙い場・買い場】パシフィックネットはGCが出現でチャート好転、今6月期36%営業増益、3円増配の期末一括16円配当(2016/03/01)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告