【話題株】「小顔にみえマスク」のユニ・チャームは花粉症の季節が迫り5日続伸

2016年2月2日 13:24

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

花粉症の季節を目前に、気象予報士・村山貢司氏が本紙への寄稿で「いま小顔にみえるマスクが人気」とした新商品「小顔にみえマスク」のユニ・チャーム<8113>(東1・売買単位100株)は、2日の後場も5日続伸基調を続け、13時にかけては2465.5円(27.5円高)前後で強い相場となっている。

花粉症の季節を目前に、気象予報士・村山貢司氏が本紙への寄稿で「いま小顔にみえるマスクが人気」とした新商品「小顔にみえマスク」のユニ・チャーム<8113>(東1・売買単位100株)は、2日の後場も5日続伸基調を続け、13時にかけては2465.5円(27.5円高)前後で強い相場となっている。[写真拡大]

写真の拡大

■一部では中国の「春節」大型連休中に新たな「爆買い」の期待も

 花粉症の季節を目前に、気象予報士・村山貢司氏が本紙への寄稿で「いま小顔にみえるマスクが人気」とした新商品「小顔にみえマスク」のユニ・チャーム<8113>(東1・売買単位100株)は、2日の後場も5日続伸基調を続け、13時にかけては2465.5円(27.5円高)前後で強い相場となっている。

 ユニ・チャームのホームページによると、「小顔にみえマスク」は、女性のあごや頬にフィットするラウンドフォルムを実現し、着用すると「すっきり小顔に見える」というもの。どのみちマスクをつけるのなら、オバハン顔になるマスクよりは小顔にみえるマスクがいいに決まっている。

 株式市場で花粉症関連銘柄といえば、マスク製品や素材、うがい・除菌薬、ドラッグストア、メガネショップなどが挙げられ、もちろん、ユニ・チャームも有力株のひとつだ。

 年初からの値動きは、全体相場の下げに押されて1月21日に一時2035.0円まで下押したが、すでに昨年末の終値2477.0円をほとんど取り戻し、この数日は回復力の強さが注目されている。今期も最高益を連続更新する見込みで、業績面では文句なし。「小顔にみえマスク」は、2月7日からの中国の「春節」大型連休で新たな「爆買い」の対象になるといった期待もチラホラしている。

 ほかに主な花粉症関連銘柄は、マスク製品では日清紡ホールディングス<3105>(東1)、ダイワボウホールディングス<3107>(東1)、ロート製薬<4527>(東1)、小林製薬<4967>(東1)など。うがい、除菌、抗アレルギー剤などでは協和発酵キリン<4151>(東1)、花王<4452>(東1)、大幸薬品<4574>(東1)、ライオン<4912>(東1)など。また、マツモトキヨシホールディングス<3088>(東1)などのドラッグストア銘柄、メガネのジェイアイエヌ<3046>(東1)などが挙げられている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
人も株も一定期間経つとマンネリとなる=犬丸正寛の相場格言(2016/01/30)
【どう見るこの相場】日経平均の行方(2016/02/01)
【編集長の視点】アイリッジは反落も相次ぐ「popinfo」の新展開をテコにフィンテック関連株買いが再燃余地(2016/01/26)
【株式評論家の視点】エスプールの今期は中期経営計画2期目、今期営業利益4.6倍、13期ぶり最高更新(2016/01/27)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース