【銘柄フラッシュ】ラクオリア創薬など急伸しサン電子などAR・VR関連株が活況高

2016年1月26日 17:00

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 26日は、さくらインターネット<3778>(東1)が「高火力コンピューティング」の発表などを材料に後場寄り後一段高のストップ高となり、大引けもストップ高のまま16.5%高。スターティア<3393>(東1)はスマートフォン向けAR(拡張現実)アプリなどが引き続き材料視されて2日連続ストップ高の16.3%高。サイバネットシステム<4312>(東1)は引き続き3次元形状を素早く簡単にモデリングできる3次元ダイレクトモデラーの最新製品などが材料視されて3日連続ストップ高の15.8%高。ダイコク電機<6430>(東1)はAR(拡張現実)やVR(仮想現実)関連技術がパチスロ機などにも有望との見方があり11.5%高となった。

 サイバーコム<3852>(東2)は16.4%高と急伸し東証2部の値上がり率1位。富士ソフト<9749>(東1)の子会社になり、2日連続ストップ高のサイバネットシステム<4312>(東1)も富士ソフトの子会社のため思惑が働いたとの見方。阿波製紙<3896>(東2)は引き続き炭素繊維強化プラスチックに関する報道などが材料視されて2日連続ストップ高の15.6%高。

 インフォテリア<3853>(東マ)はフィンテック(金融IT)関連株人気に加え、本日は同社製品を大学が採用との発表も好感されて一時ストップ高に達し大引けも23.8%高。アークン<3927>(東マ)は不正アクセスを受けた情報流出問題を巡る不安感が後退とされて昨日の後場から出直り本日は後場入り段高となってストップ高の21.8%高。メディビックグループ<2369>(東マ)は再生医療のペット動物向けで先行とされ再び動意再燃となり13.2%高。

 ラクオリア創薬<4579>(JQG)は名古屋大学の予防早期医療創成センターの協働企業としてトヨタ、富士通、東芝などと参画することなどが言われて急に出直りストップ高の28.4%高。ザインエレクトロニクス<6769>(JQS)は16Gbps超高速通信の世界初成功などが好感されて22.3%高の急伸。シンワアートオークション<2437>(JQS)は引き続き子会社が香港企業を買収との発表などが言われて13.1%高の急伸。サン電子<6736>(JQS)は「拡張現実」(AR)技術を応用した業務ソリューションなどに期待とされて出直りを続け12.5%高となった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【話題】『野も山も皆、弱気なら・・・』が接近か?(2016/01/13)
【今日の言葉】日経平均が昨年の中国ショック安値を切る(2016/01/18)
昨年夏安値までNYダウ700ドルに対し日経平均43円、この違いが今後の相場を分ける=犬丸正寛の相場展望(2016/01/15)
【話題】日経平均予想PER14倍台が10営業日継続、アベノミクス第1章終了のサインか(2016/01/21)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース