住友商事、ベルギーで165MWの洋上風力発電所を建設開始

2015年10月23日 17:10

小

中

大

印刷

発電所の位置図(住友商事の発表資料より)

発電所の位置図(住友商事の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 住友商事と欧州住友商事会社は23日、洋上風力発電事業開発運営会社であるベルギーのパークウィンド社(Parkwind)などと共同開発中のノーベルウィンドプロジェクトで、洋上風力発電所の建設を開始したと発表した。

 住友商事は同事業に2014年6月に事業参画し、ベルギー沖約45km(水深約21~37m)の北海海域で共同開発を進めてきた。出資比率は39.02%。今回、約4億6,000万ユーロ(約620億円)のノンリコースプロジェクトファイナンスを組成し、2017年末の完工を目指す。風力タービンは、デンマークMHIヴェスタス社より大型の3.3MW機を50基調達する。

 総事業費は約880億円、発電容量は165MWで、事業期間は完工後20年間。発電された電力はベルギーの電力会社に売電する。電力量は約18万6,000世帯分に相当するという。

関連キーワード住友グループ風力発電住友商事ベルギー

「水力・風力・地熱発電」の写真ニュース

環境・エコの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース