TAC:トーハン・コンサルティングと業務提携し、介護系資格取得教室をTAC主要校舎で開講

2014年11月5日 12:08

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■TACは、トーハン・コンサルティングが展開する講座に対して、施設の提供と会場運営を担当

 TAC<4319>(東1)は4日、トーハン・コンサルティングと業務提携し、介護系資格取得教室をTAC主要校舎で開講することに協力することを発表した。

 トーハン・コンサルティングは、東京都から訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修の認可(指定)を受け、2011年10月に足立区北千住にて「介護教室ケアマイスター北千住校」を開校した。その後、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)、介護支援専門員、介護福祉士国家試験受験講座、介護マナーセミナー等を開催している。現在、錦糸町校(2012年9月開校)とあわせ2校を運営している。

 一方、TACは、全国に直営校22校、提携校14校のネットワークを有し、「資格の学校TAC」及び「Wセミナー」のブランドで公認会計士・税理士・司法試験・公務員等、各種資格試験等の受験指導を行い、高い合格実績を挙げている。

 今回のトーハン・コンサルティングとの業務提携により、トーハン・コンサルティングは全国のTAC校舎で「介護教室ケアマイスターTAC教室」という名称で介護系資格取得教室を開講する予定。まず2015年1月に東京都内で「新宿教室」及び「池袋教室」を開講し、順次開講エリアを拡大する予定である。TACは、トーハン・コンサルティングが展開する講座に対して、施設の提供と会場運営を担当する。

 本業務提携により、トーハン・コンサルティングの介護系資格講座コンテンツとTACの資格取得スクール運営ノウハウという両者の強みを結合することで、より多くの優秀な介護人材を養成し、地域の介護事業者と共に、今後の高齢者介護に大きく貢献することを目指す。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【狙い場・買い場】共和レザーは今3月期を増額、営業利益32%増益、再増額の可能性(2014/10/23)
【鈴木雅光の投信Now】NISA駆け込み需要は期待できる?(2014/10/23)
ジェネレーションパスは反落もネット通販事業の高成長を見直し直近IPO株人気が再燃余地(2014/10/23)
東京製鐵は中間決算が業績上振れ、通期も増額含み(2014/10/23)

【関連記事・情報】
【狙い場・買い場】共和レザーは今3月期を増額、営業利益32%増益、再増額の可能性(2014/10/23)
【鈴木雅光の投信Now】NISA駆け込み需要は期待できる?(2014/10/23)
ジェネレーションパスは反落もネット通販事業の高成長を見直し直近IPO株人気が再燃余地(2014/10/23)
東京製鐵は中間決算が業績上振れ、通期も増額含み(2014/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング