3世代目フィアット「Panda」にエコとスポーツドライブを両立した5MTモデルが登場

2014年11月3日 23:22

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

フィアット「Panda」のマニュアルトランスミッションモデルであるフィアット「Panda MT」が発売される。「Panda MT」は「Panda Easy」をベースに、5MTを装備したモデル。フォグランプやアルミホイールを省き、「Panda Easy」より約10万円低い、税込で200万円を切るお買い得価格が魅力。

フィアット「Panda」のマニュアルトランスミッションモデルであるフィアット「Panda MT」が発売される。「Panda MT」は「Panda Easy」をベースに、5MTを装備したモデル。フォグランプやアルミホイールを省き、「Panda Easy」より約10万円低い、税込で200万円を切るお買い得価格が魅力。[写真拡大]

写真の拡大

 フィアット クライスラー ジャパンは、フィアット「Panda」のマニュアルトランスミッションモデルであるフィアット「Panda MT」を、11月1日から発売する。

 「Panda MT」は5ATモデル「Panda Easy」をベースに、5MTを装備したモデル。フォグランプやアルミホイールを省き、「Panda Easy」より約10万円低い、税込で200万円を切るお買い得価格が魅力となっている。

 フィアットというとフィアット「500」が有名だ。BMW「mini」やVW「The Beetle」と並ぶレトロモダンの代表選手である。「Panda」はその「500」のプラットフォームを使い日常でも使いやすい4ドアとして登場した。(その他、兄弟車にはフォード「Ka」、クライスラー「イプシロン」そしてフィアット「500L」という「500」の4ドア版派生モデルもある)

 「Panda」のエンジンは875㏄直列2気筒インタークーラー付きターボ。「ツインエア」と呼ばれていて最近のイタリア系のコンパクトカーには必ず載っていて、低回転域のサウンドはあまり聴きなれないもので味わいがある。

 世界中で流行りのダウンサイジングターボは85馬力を5500回転で、145Nmを1900回転で発生させる。排気量やボディサイズから一見トヨタ<7203>「パッソ」やダイハツ<7262>「ブーン」等と同じクラスに見えるが、実際の走りはトヨタ「ヴィッツ」やホンダ<7267>「フィット」の1500㏄クラスである。

 今回の「Panda MT」は1070㎏という軽量ボディを1500㏄クラスの厚いトルクと自分の意志で5段のマニュアルトランスミッションを使って操る。欧州育ちのドライビングプレジャーをリーズナブルに体感できるお買い得車である。

 決して悪くないシートポジション、ハンドルポジション、重くないクラッチ、そして手を少し左にやるとシフトノブがあり、比較的遠距離でも走りに集中できるようになっている。

 85馬力というととても低性能に感じるかもしれないが、145Nmというトルクがそう感じさせないところが凄い。普段は静かに走るが、たまには5500回転まで回したい走り好きな方はぜひ試乗してみてほしい。なお、価格は199万8千円。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
三菱自、フィアットへのOEM供給を発表
マツダと米フォードの提携関係はますます希薄に。タイで協業・合弁を解消
小さなスーパーカー「アルファロメオ4C」いよいよ日本デビュー
これでライバルに立ち向かう準備が出来た。プジョー208「Pure Tech」搭載車登場
2013年/ラテン車中、パンダ、500効果でフィアット・ブランド躍進

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース