キヤノン:今期最終利益予想を8%増に上方修正、円安進行などが寄与

2014年10月28日 10:11

小

中

大

印刷

記事提供元:さくらフィナンシャルニュース

【10月28日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

 キヤノン(東1・名1・札・福:7751)は27日、2014年12月期の通期連結業績予想(米国基準)を修正し、純利益を前回予想2400億円から前期比8%増の2500億円に引き上げた。オフィス向けの複合機の需要が、カラー機を中心に引き続き緩やかな成長を続けていることに加え、円安の進行も寄与すると見込んでいる。

 なお、業績見通しの前提となる第4四半期の為替レートは、1米ドル108円、1ユーロ137円で、前期に比べてそれぞれ約7円、約9円の円安を想定している。

 このほか営業利益は同3650億円から同10%増の3700億円に引き上げ、売上高は同3兆7800億円から同微増の3兆7400億円に引き下げた。

 また、同日併せて発表した今第3四半期の連結決算は、売上高が前年同期比1%減の2兆6673億円、営業利益が同9%増の2650億円、純利益が同12%増の1867億円だった。(岡野学)【了】

■関連記事
キヤノン:500億円・1700万株を上限に自社株買い、発行済株式総数の1.5
%キヤノン:500億円・1800万株を上限に自社株買い、発行済株式総数の1.6
%関電工、グリコ、カルビー、JT、サイバ-A、東芝、カシオ、KDDI計算機の他、95社が決算発表を予定。=本日の主な予定

※この記事はSakura Financial Newsより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告