日産、中国合弁会社が大連工場で生産開始 SUV生産の拠点に

2014年10月20日 16:01

小

中

大

印刷

 日産自動車の中国合弁会社の乗用車事業部である東風日産乗用車(DFL-PV)は18日、同社の大連工場が車両生産を開始したと発表した。これに伴って、中国市場向けモデルのすべてを、中国大陸の4大生産拠点で生産することになるという。

 同社によると、大連工場は総敷地面積が132万平方メートルで、東風日産のSUV車両の生産拠点となる。今後、2つの段階を経て生産規模を拡大していく。第1段階の投資総額は50億元(約870億円)で、年間生産能力は15万台となる。第2段階完了時には、年間の総生産能力が、30万台にまで拡大する見込み。

 東風日産総経理の打越晋氏は、「中国のお客さまに高品質なSUVをお届けする準備が整った。大連工場は、世界最大の自動車市場である中国で東風日産の競争力を更に高めてくれるだろう」とコメントしている。

広告

財経アクセスランキング