ワイヤレスゲート JTにWi-Fiシステム提供、自動販売機が有力なWi-Fiスポットに

2014年10月1日 08:35

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:39JST ワイヤレスゲート---JTにWi-Fiシステム提供、自動販売機が有力なWi-Fiスポットに
ワイヤレス・ブロードバンドサービスを提供するワイヤレスゲート<9419>は26日、Wi-Fi環境イネーブラー事業において、JT<2914>にWi-Fiシステムの提供を開始したと発表。JTが展開する飲料自動販売機をWi-Fiスポットにするもので、同社が提供するクラウド型のマネージドWi-Fiシステムが採用された。9月よりトライアルサービスを予定しており、順次展開していく予定だ。
本システムは、様々なデバイスで誰でも自由に利用可能なフリーWi-Fiとなる。外国人観光客に対しては、2020年の東京五輪の開催と日本政府が目指している2030年に3,000万人超の外国人観光客の訪日に合わせてWi-Fi環境の提供が可能になる。
一方、大規模災害に対しては、災害用統一SSID「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」対応を予定している。
自動販売機は、首都圏や地方都市の屋内外問わず、公共機関、交通拠点、商業施設、住宅街などに設置されており、世界中で認識されているランドマークでもあるため有力なWi-Fiスポットとして利用が見込まれる。《TM》

関連記事