熱に反応して折り紙のように変形する素材が開発される

2014年6月5日 06:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok 曰く、 MITのDaniela Rus教授は、熱に反応する遺伝子操作材料と折り紙のアイデアを組み合わせた新しい技術を開発した。この技術はプラスチックの平らなシートに、遺伝子操作材料を使って折り紙の展開図のようなシワやスリットを印刷するというもの。熱を加えることで印刷されたシワが折りたたまれ、ペーパークラフトのような立体物に自動的に変形していく(動画)。

 この技術を応用することにより、材料の剛性を高めたり、ロボットのボディに有用な性質を与えることができるという。可動する技術を使って可変抵抗器を作ったり、筋肉のような動きをする金属を作り出すことができる模様。この技術はIEEEが主催する国際会議Robotics and Automationで展示される予定(TechCrunchSlashdot)。

 スラッシュドットのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
数cmサイズの形状記憶合金の製造を可能にする手法が発見される 2013年10月02日
引っ張っても切れずに伸びる、液体金属を使った導線 2012年12月25日
プログラム可能な折り紙 2010年06月30日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース