TAC:TAC大連、パソナ上海の「日本式簿記研修講座」に教材・講師を提供

2014年4月16日 07:24

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■上海での日本式簿記教育の需要が高まる

 資格の学校TAC<4319>(東1)の子会社であるTAC大連は、パソナ上海と提携し、パソナ上海が現地日系企業スタッフ向けに4月16日(水)より実施する「日本式簿記研修講座」に教材および講師等(以下、教育コンテンツ)を提供する。

 従来より、上海に進出した現地日系企業における財務・経理系スタッフを育成する必要性が高まっており、上海での日本式簿記教育の需要が高まりつつある。日本の公益社団法人全国経理教育協会主催の簿記試験(全経簿記試験)が現地で2013年から正式に開始されたこともあって、現地のスタッフの間で日本式簿記に対する関心が急速に高まっている。また、就職環境の激化から、日系企業に就職を希望する学生においても、従来のような日本語能力の証明だけでは就職が困難となっており、日本語に加え新たなスキルで差別化を図る必要に迫られている。

 今回パソナ上海が実施する「日本式簿記研修講座」にTAC大連がその教育コンテンツを提供することで、日本式簿記人材を迅速に育成し、日本企業や現地スタッフのニーズへの早期対応が可能となる。

 パソナ上海の同講座は、全経簿記3級程度、全4回(28時間)の講義で、受講費は1人当たり4,000元を予定している。TAC大連が供給する教材は、日本のTACで使用している簿記教材(日本語版)を、日本語能力検定2級程度の受講生でも理解できるように中文主体で編集し直している。「このような試験対策教材はTAC大連が製作したもの以外、今まで中国には存在しません」(TAC大連総経理、干潟康夫氏)。また、この教材を用いすでにTAC大連では2013 中に300名を超える人材を育成し、合格させた実績がある。TAC大連は、今回のパソナ上海とのコンテンツに関する提携のほか、各地の有力日本語学校との提携も進めており、本年の教育目標を1,500人としている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【忠田公夫の経済&マーケット展望】日米相場の先行きを占う米ナスダック総合指数の動き(2013/04/07)
【話題株】トヨタ自動車が下げ3月安値に接近、信用買いの個人と外国人投資家の攻防との見方(2013/04/09)
【木村隆のマーケット&銘柄観察】キャリアリンクは相場リセットへ、今期の業績見通しに期待(2013/04/10)
【鈴木雅光の投信Now】日本人は意外と海外投資好き?(2013/04/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース