【銘柄診断】JTは海外でタバコの売れ行きが伸びる、内需輸出型企業として再評価へ

2012年8月20日 15:04

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

  JT <2914> はここへ来て年初来高値に進む場面となり、非常に強い動きを見せている。今回の上昇相場の起点は5月18日の2032円。

  7月30日に発表された今2013年3月期の営業利益は1285億円と、前年同期比68%の大幅増益を達成した。こうした好業績評価の流れが株価上昇の基本的な背景である。

  昨年に東日本大震災で供給が減少した反動で、国内たばこ事業の収益が大幅に回復した。ロシアを中心に新興国市場でたばこの販売が好調だったため、海外たばこ事業の収益も増えた。

  特に海外タバコでは高価格帯の販売が伸びており、内需型輸出関連株としての評価が高まりつつある。今回据え置きとなっている通期の見通しについては、アナリスト筋はかなりの幅での増額を想定している。

  7月1日に1株につき200株の株式分割を行い流動性が向上していることも、市場参加者の増加につながっている。日本航空が9月19日に再上場することが決まったが、JTも政府保有株の売却が予定されており、今後思惑を誘う要因になりそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【アナリストの眼】来週の相場展望:戻り歩調の中、「債券売り、株買い」の持続を見極める展開(2012/08/19)
【銘柄診断】マミーマートは連続増益の実力を見直す、顧客の指向を徹底調査し品揃えを充実(2012/08/19)
IRソリューション 個人投資家向け企業情報 Media-IR(日本インタビュ新聞社)(2012/08/03)
IRソリューション ジャスダック Media-IR Solution(日本インタビュ新聞社)(2012/08/03)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース