Pixar のトイ・ストーリー 2、制作中に「rm *」で全ファイルが消失していた

2012年5月16日 12:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 insiderman 曰く、

 アニメーション映画で知られる Pixar が製作環境に Linux を導入していたのは有名な話だが (本家 /. 記事)、映画「トイ・ストーリー 2」の製作過程で、スタッフがうっかり「rm *」コマンドを実行してしまいデータがすべて消失してしまったというトラブルがあったそうだ (japan.internet.com の記事より) 。

 この様子を解説したアニメーションがJAMIE & ADAM TESTED にて公開されている。本来ならこのような事態に備えたバックアップがあるはずなのだが、当時バックアップがうまく機能しておらず、30 人が約 1 年間かけて作業したアニメーションデータがたった 20 秒ですべて消失してしまったという。

 幸い在宅勤務をしていたあるアニメーターが自宅にバックアップを保存しており、そのデータから作品を作り直して期日までに完成させたとのことである。

 スラッシュドットのコメントを読む | ITセクション | アニメ・マンガ | IT | ストレージ

 関連ストーリー:
ディズニーが独自に「トイ・ストーリー3」を製作? 2004年03月29日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告