JR東日本、「夏の特別ダイヤ」を今月9日で終了

2011年9月3日 21:48

小

中

大

印刷

 JR東日本は2日、8月30日に経済産業省が、電力使用制限を9月9日で終了すると発表したことを受け、現在節電のために電車の運転本数を減らして運行している「夏の特別ダイヤ」を、9月9日(金)で終了すると発表した。当初は9月22日まで実施する予定だったが、期間を前倒して終了する。土曜日と休日は現在も通常ダイヤで運転しているため、12日(月)から通常の平日ダイヤでの運行に戻ることになる。

 同社は、政府の「電力使用制限令」に基づき、6月24日から、平日において、一部の線区で、概ね12時から15時の運転本数を通常より削減した「夏の特別ダイヤ」を実施していた。

 一方、駅・車内における消灯や減灯などの節電の取組みについては、今後も厳しい電力需給が続くと想定されることから、「原則として継続する」としている。

関連記事

広告