三菱電機、世界初の有機ELパネルを使用した大型球体ディスプレイを公開

2011年6月2日 17:13

小

中

大

印刷

世界初、有機ELパネル使用の大型球体ディスプレイ「Geo-Cosmos」

世界初、有機ELパネル使用の大型球体ディスプレイ「Geo-Cosmos」 [写真拡大]

写真の拡大

  • 世界初、有機ELパネル使用の大型球体ディスプレイ「Geo-Cosmos」の組み立て中

 三菱電機は1日、日本科学未来館(東京都江東区)のシンボル展示「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」向けに、有機EL方式大型映像装置(オーロラビジョンOLED)を納入したと発表した。日本科学未来館の開館10周年にあわせ、今回シンボル展示である地球ディスプレイ「Geo-Cosmos」を、LED方式から有機EL方式に更新。6月11日から一般に公開される。

 納入した装置は、世界で初めて有機ELパネルを使用した大型球体ディスプレイ。96mm角の有機EL小型パネル1万362枚を、アルミニウム製の球体に敷き詰め、直径約6mの球体ディスプレイにした。床上18mの位置に天井から吊るされている。

 従来のLED方式と比べ、解像度が約10倍となる1000万画素以上の高解像度映像が表示できる。これにより、気象衛星が撮影した雲の動きなど、さまざまな地球の姿を鮮明に映し出すことが可能だという。

 なお、新しい「Geo-Cosmos」の製作には、有機ELディスプレイシステムを担当した同社のほか、電通、ゴーズ(画像処理・送出システムなど)、GKテック(球体設計・製作)の計4社が参加。日本科学未来館の企画コンセプトに基づき、電通の下、総合力を結集して完成させた。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース