運用3号通知問題で身内に甘いと追及 草川氏

2011年3月11日 11:00

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 草川昭三参議院議員(公明党)は10日の参議院予算委員会で、国民年金運用3号で通知を出した課長が更迭されたのに、政務官は給料の返納のみというのは身内に甘すぎないか、政務官を更迭すべきだ。また細川大臣も人任せで無責任。身を引くべきと追求した。

 これに対し、菅直人総理は「(課長に対する処分も、政務官に対する処分も)細川大臣自らが考えて処分されたので、その判断を可としたい」と細川律夫厚生労働大臣の判断を支持した。

 また、細川厚生労働大臣は「監督不行き届きの責任を重く感じており、反省をし、自らの大臣俸給を返納する(昨年9月就任時から今年4月まで)。3号被保険者の不整合を解決し、年金に対する国民の信頼を取り戻すことが責務」として、身を引く考えのないことを述べた。(編集担当:福角忠夫)

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース