岡崎市立図書館のシステム問題でついにMDISが謝罪へ

2010年11月29日 19:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

  gedo 曰く

 読売新聞の記事によると、岡崎市立図書館のシステムを開発した三菱電機インフォメーションシステム(MDIS)が、同システムにクローラーでアクセスしたために逮捕されてしまった開発者や岡崎市などの関係者に対し、謝罪することを決めたそうだ。

 記事では、システムに「検索1回ごとに10分間リソースを握りつづける」不具合があったこと、2006年に不具合と認識して修正していたといった既報の外に、この件で警察が出てくるに至る経緯が解説されており、岡崎市立図書館は当初はシステムの不具合を疑ってMDIS側に問い合わせたが、図書館側に「システムに問題はない」と結果的に嘘の回答を行い、結果として図書館側はサイバー攻撃と判断して警察へ届け出たとのことで、どうやらMDISの責任が一番大きいようです。

 スラッシュドットのコメントを読む | バグ

 関連ストーリー:
クローラ事件で話題の岡崎市立中央図書館で今度は利用者情報の流出が発覚 2010年09月28日
岡崎市立中央図書館、Webサイトで発生した障害の原因を「大量アクセス」と発表 2010年09月03日
岡崎市立中央図書館ウェブサイト「サイバー攻撃」事件の詳細 2010年08月21日
図書館Webサイトへのクローラを実行して逮捕された男性、不起訴に 2010年06月21日
Web ページに対する、高頻度アクセスはどこまで OK ? 2010年05月27日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告