プラマテルズは2Q業績に続き通期業績を上方修正し続伸

2010年10月26日 11:41

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

  プラマテルズ <2714> は前場、2日ぶりに商いが成立し22日の終値に対して5円高の345円と続伸し、売買高も半場で1300株と漸増した。前日25日大引け後に今3月期第2四半期(2Q)累計決算の開示とともに、3月通期業績の上方修正を発表、増益転換率を拡大することが割安修正買いを再燃させた。

  3月通期業績の上方修正は、2Q業績が、今年7月、10月と続いた2回の上方修正通りに前年同期比31%増収、2.1倍経常増益、86%純益増益とV字回復したことを踏まえた。中国、ベトナムの旺盛な需要を取り込み、とくに大連、上海、大連の法人の好業績が、同社の2Q業績を押し上げたが、第3四半期以降も、海外法人の業績が好調に推移するとして3月通期業績を上方修正した。

  通期業績は、売り上げを期初予想の据え置きとしたが、経常利益を1億1000万円、純利益を6000万円それぞれ引き上げ、純利益は、4億8000万円(前期比23%増)と伸びる。

  株価は、今期業績の増益転換予想を好感して年初来高値401円をつけたが、2Q業績の2回の上方修正も限定的な反応にとどまり300円台下位の小動きが続いた。PERは6倍台と一段と割安となり、PBRも0.5倍と割り負けているだけにリバウンド幅の拡大に弾みをつけよう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
丸紅は上値重いがメキシコ湾の油田権益取得に「円高」活用の評価(2010/10/26)
【有望株】森下仁丹は健康関連商品の回復目指す、中国での新事業に期待(2010/10/26)
相場は欲と迷いの中で動く(相場は人の生き様を映す)=犬丸正寛の相場格言(2010/09/14)
次の一手は戻り幅、下げ幅の大きさで考えよ=犬丸正寛の相場格言(2010/09/08)
ケイ線張りは盲目張り(ダマシに気をつけろ)=犬丸正寛の相場格言(2010/09/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース