MylogStarとiDoperation SCの連携を発表 証跡管理における詳細かつ広範囲な守備力と検索性を実現

プレスリリース発表元企業:株式会社ラネクシー
連携イメージ

株式会社ラネクシー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小瀬 充、以下 ラネクシー)は、NTTテクノクロス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:串間 和彦、以下 NTTテクノクロス)と協業し、ラネクシーが開発したPC操作ログ収集・管理ソフトウェア「MylogStar (マイログスター)」とNTTテクノクロスが提供する画面操作録画ソフトウェア「iDoperation SC(アイディーオペレーション・セキュリティカメラ)」の連携を発表します。これによりユーザーの詳細なPC利用履歴が把握可能となります。


昨今、コロナ禍の影響などによる急激なワークスタイルの変革として、テレワーク等の「いつでも」「どこでも」働ける環境が広まりつつありますが、一方で、そのような環境はこれまでより情報が持ち出しやすくなるため、情報漏洩のリスクも高くなるということを念頭に置く必要があります。また、テレワークにおける在宅勤務やサテライトオフィス勤務など、管理者から目の届かない場所での業務状況をどのように把握するかなどの課題もあります。

例えば、誰かが意図的に、もしくは意図せずに重要データを外部へコピーしてしまうリスクなどです。業務効率の優先や悪意による情報持ち出しのため、情報記憶媒体やインターネット接続端末へデータをコピーし、そこからインターネットを通じて情報漏洩が発生するケースなどが想定されます。そして社員の入れ替わりが頻繁に発生するような職場では、運用方法が担当者や端末利用者に正しく引き継がれない場合も考えられます。

これらのリスクに対して有効な手段となるのが「PC操作ログ管理」をはじめとする証跡管理ソリューションです。悪意ある持ち出しへの抑止として機能し、正しい運用がなされなかった時でも不適正な運用の発見と適正化に効果を発揮します。
今後のインフラ整備を検討される企業にとって、テレワーク環境の構築に有効なシンクライアントシステムでの業務やリモート作業の把握にも有効な証跡管理ソリューションが必要とされています。

今回の連携ではテレワーク環境やリモート作業環境において、MylogStarの他では取得できない高精度で豊富な操作項目のログ情報によって、不正の疑いのある行動をより正確に、かつ広範囲に検索可能とし、更にそのログ情報をiDoperation SCで操作画面の記録により補完することで、細部まで追跡を可能とします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/220469/LL_img_220469_1.png
連携イメージ

ラネクシーは、今後もMylogStarの機能強化および新機能の追加を計画しており、情報化社会の企業リスク低減と業務効率化支援で、企業価値の向上をお手伝いいたします。

連携の詳細はこちら
http://www.mylogstar.net/alliance/idoperationsc.html


【NTTテクノクロスからのエンドースメント】
NTTテクノクロス株式会社は「MylogStar」と「iDoperation SC」の連携を歓迎します。iDoperation SCの新バージョンをリリースするタイミングで、この連携を実現できることを嬉しく思います。この実現により、MylogStarで記録した操作ログをiDoperation SCのSCサーバに取り込み、自動で動画と紐づけることで、MylogStarの操作ログから動画の検索と該当の操作の頭出し再生ができるようになりました。
iDoperation SCとPC操作ログ管理ソフトウェア「MylogStar」との連携運用は、お客様にITセキュリティと業務可視化の付加価値をもたらします。
今後も二社間での協業を強化し、お客様の企業価値向上への取り組みに貢献して参りたいと存じます。

NTTテクノクロス株式会社
エンタープライズ事業部長 吉場 武


【MylogStarについて】
MylogStarは、企業内のすべてのPC操作ログを取得することで、不正行為や情報漏えいの流出経路を可視化し、業務プロセスの改善に有効活用できるクライアント操作ログ管理システムです。管理対象となるクライアントPCのログオン・ログオフ、アプリケーション、ファイル操作、印刷、アクティブウィンドウ等を記録します。操作記録はOSのカーネルレベルで取得しているため、他のロギングツールでは抜け道となっているような部分でも、正確なログが取得できます。問題発生時にはトレース機能を使い、記録を遡って調査することが可能です。また、MylogStarは、シンクライアントにも対応しているため、別途シンクライアント用のログシステムを導入する必要もありません。
既存環境(ファットクライアント)とシンクライアント環境が混在している場合でも、ログの一元管理が実現できます。


【iDoperation SCについて】
iDoperation SCはPCやサーバの画面を動画で記録することで、情報漏洩につながる不正行為を抑止し、問題発生時には素早く簡単に追跡できるソフトウェアです。これまで特権ユーザーの監視やITシステムの保守ベンダーの監視を目的として多くの企業に採用いただき、4年連続で出荷本数シェアNo.1(*1)の評価をいただいています。
*1:ミック経済研究所 サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望 ガバナンス&監査編 2019年版 システム証跡監査ツール出荷本数シェア(2018年度)


【ラネクシーについて】
ラネクシーは、MylogStarシリーズをはじめとする自社製品の企画・開発・販売・サポートおよび海外での販売を視野に入れたグローバルな展開を目指す「ソフトウェア・メーカー」です。
また、長年に渡り培ったパブリッシング・ノウハウにより、世界中で使われているセキュリティ・運用管理などの業務用ソフトウェアを国内ユーザーにご満足いただけるクオリティで提供する「ディストリビューター」として海外ソフトウェア・ベンダーより高い信頼を得ています。さらに、これらのソフトウェア製品の導入支援からシステムの設計・構築・保守・運用に至る幅広いサービスを提供する「ソリューション・プロバイダー」としての事業も展開しており、お客様に最適な高品質のソリューションをいち早く提供することをミッションとしています。


【NTTテクノクロスについて】
NTTテクノクロスは、NTT研究所の最先端技術を中核に、国内外の優れた商材を豊富な実績とノウハウで掛け合わせることで、お客様のビジネスシーンに最適なソリューションを創出します。時代に先駆けたソリューションにより、豊かな未来社会の実現に貢献し続けます。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ラネクシー 第2ソフトウェア事業部 営業部
E-mail: mls_sales@runexy.co.jp

※記載されている商品名・会社名などの固有名詞は一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告