2018年7月30日 09:39

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金融庁の試算によれば、円金利・外貨金利が2018年3月末から50ベーシスポイント上昇した場合、全体の4分の1を超える地銀でコア業務純益を上回る含み損が発生する。有効で、早急に取り掛かることができる経営の立て直しプランの策定が急務だ。

金融庁の試算によれば、円金利・外貨金利が2018年3月末から50ベーシスポイント上昇した場合、全体の4分の1を超える地銀でコア業務純益を上回る含み損が発生する。有効で、早急に取り掛かることができる経営の立て直しプランの策定が急務だ。

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

「金融・保険業」の写真ニュース

金融・保険業の最新ニュース

RSS

もっと見る

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告