1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 自動車・二輪車・部品
  5.  > 東京モーターショー(5)

東京モーターショーのニュース(ページ 5)一覧

ホンダがASIMOなどのヒューマノイドロボット研究で培った独自のバランス制御技術を二輪車に応用した「Honda Riding Assist-e」。全長2080mm、全幅775mm、全高1210mm

ホンダは、ライダーがバランスを保たなくても自立する二輪車「Honda Riding Assist-e」を、「第45回東京モーターショー2017」に出展して注目を浴びている。 11/02 16:27

2015年の東京モーターショーで提案された「RXビジョン」を継承するクーペコンセプト「マツダ VISION COUPE」

マツダは開催中の「第45回東京モーターショー」で、デザインコンセプト「マツダVISION COUPE」をワールドプレミアした。 11/01 07:35

新型「日産リーフ」にも採用されているブリヂストンの「ECOPIA」シリーズ。(写真: ブリヂストンの発表資料より)

ブリヂストンは「東京モーターショー 2017」で、小平市の技術センターに300億円を投資して、イノベーションを加速させると発表。 10/31 16:36

ハッチバック車として理想の姿をシンプルかつ美しく描いたモデル、東京モーターショーでアンベールしたマツダ「魁 CONCEPT」

マツダは、東京ビッグサイトで開催中の「第45回東京モーターショー」において、コンセプトカー「魁 CONCEPT」を発表した。 10/31 16:12

東京モーターショーで世界初公開となった「ホンダ・モンキー125」、デフォルメされたフォルムと絶妙のバランス感がいい感じ。奥に見えるのが「スーパーカブC125」

先般、ここで報告したように、2017年8月をもって、惜しまれつつも生産終了となったホンダの50ccレジャーバイク、モンキー。 10/31 16:10

9月のフランクフルトショーで世界初公開された3世代目のポルシェ・カイエン、東京モーターショーでアジア初公開となった

ポルシェジャパンは、「第45回東京モーターショー2017」において、アジア地域で初めて3世代目の「ポルシェ・カイエン」を公開した。 10/31 11:43

東京モーターショーで日本初公開となったBセグHB車のベンチマーク、新型「VW Polo」、2018年春、日本に上陸する予定

第6世代目となるフォルクスワーゲン(VW)のBセグメント・コンパクトハッチバック車「Polo」が東京モーターショーで日本初お披露目となった。 10/31 11:40

「CROWN Concept」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

10月28日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催されている「第45回東京モーターショー」。 10/30 11:36

デンソーがブースに展示した自動車内部のデンソーECUやインバータなどが、何処にどのように配置され、どのような役割を果たしているのかが、分かりやすく展示した

デンソーが「第45回東京モーターショー2017」に出展し、開催したプレスカンファレンスで、「電動化と自動運転のふたつ分野に、2020年までの3年間で5000億円を投資する」と発表した。 10/30 10:58

LEXUSフラッグシップセダン「LS」の将来像をイメージした先進的で威厳のあるデザイン「LS+Concept」、燃料電池搭載はあるのか?

LEXUSは、10月28日から一般公開された東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」で、実用化を見据えた自動運転技術を提案するコンセプトカー「LS+Concept」を世界初公開した。 10/30 10:56

日産の自動車電動化と自動運転の方向性をしめすニッサン・インテリジェント・モビリティ「ニッサンIMx」

日産が「第45回東京モーターショー2017」の同社ブースの中央に据えたコンセプトモデル「ニッサンIMx」は、自動運転時代の新たなデザインの方向性を示唆する「クロスオーバーEV」だ。 10/30 10:55

「第45回東京モーターショー2017」のホンダブースにおける主役は、「Honda Sports EV Concept」、電動車時代のホンダ・スポーツだ

ホンダには、二輪車、四輪車、パワープロダクツ、ジェットなどの多岐に渡るモノづくりの力と商品を通じて得た「世界2800万人のユーザーとの繋がり」があるという。 10/30 10:51

自動運転技術搭載車 x-AUTO(出典:三菱電気発表資料より)

電気機器や半導体の各メーカは、成長が期待される車載市場への参入・拡大を目論む。 10/28 21:21

環境に優しく事故のないスマートモビリティ社会を目指し、自動運転車を構成する周辺技術を搭載した三菱電機が開発のコンセプト「EMIRAI4」

三菱電機は、10月28日から一般公開となる「第45回東京モーターショー」で、自動運転車の実現を目指し、車載表示装置の将来を見据え開発したコンセプト「EMIRAI4」(イー・ミライ4)を展示した。 10/28 19:04

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告