ロームのニュース一覧

無線通信なしでは語れない現代社会。東京ガスの「くらし見守りサービス」に採用された、最新の無線通信規格「Wi-SUN JUTA」

無線通信は今や、現代社会には欠かせないものになりつつある。 06/09 20:32

交通事故死者数自体は減少傾向にあるものの、死者全体のうち高齢者の占める割合は上昇傾向にある

近頃、高齢者の運転による痛ましい自動車事故のニュースが後を絶たない。 06/03 10:01

ダイオード製品写真(0.5mmのシャープペンシルの芯と比較)

半導体メーカーのロームは2019年4月23日、パナソニックの半導体事業部門を担うパナソニック セミコンダクターソリューションズのダイオードおよびトランジスタ事業の一部を譲り受けることを決定したと発表した。 05/06 23:34

IoT・スマートホーム関連機器の2019年の出荷台数は前年比26.9%増になる見通し。全世界で8億3270万台に達すると見込んでいる

今、世界中の暮らしが「スマート」に変わりつつある。 04/28 22:48

ロームが開発した、世界初の1700V SiC MOS 内蔵AC/DC コンバータICが、世界の産業機器を変革するかもしれない

電子部品大手のロームが4月12日に発表した製品が、業界で大きな注目を集めている。 04/14 19:38

Wi-SUNの最新規格「Wi-SUN Enhanced HAN(Home Area Network)」に世界で初めて対応したロームの無線通信モジュール「BP35CO-J11」

IoTの普及に伴なって、スマートメーターの導入も世界規模で加速している。 03/31 22:58

ロームが3月15日に発表した SuperJunction MOSFET「 PrestoMOS TM(プレストモス)」によって、インバーター搭載エアコンの省エネ化が、また進化しそうだ

「省エネ」という言葉は、1973年の第一次オイルショックをきっかけに生まれたと言われている。 03/24 15:41

CEATEC JAPAN2018のローム社のブースで公開された、地震検知センサモジュール搭載のデモ機。これまでの地震検知センサの課題を解決する独自のアルゴリズムが、専門家からも注目を集めた。

東日本大震災から8年。 03/10 23:57

世界規模で加速する、自動車の電動化。今後の普及のカギは、一回の充電で走れる航続距離がどこまで延びるかにかかっている

自動車の電動化が世界規模で加速している。 03/09 12:23

ロームが開発した1608 サイズ白色チップLED「SMLD12WBN1W」。エポキシ樹脂とシリコーン樹脂の良特性を兼ね備える樹脂を採用し、業界最高クラスの信頼性を実現

今や、世界規模で普及が加速しているLED照明市場。 02/17 20:14

ロームは1月15日、ST マイクロエレクトロニクスのNFC リーダライタIC と8bit マイコンを採用した車載向けワイヤレス給電ソリューションの開発を発表。Qi 規格とNFC を組み合わせることで車載アプリケーションの技術革新に貢献する

自動車を取り巻く先端技術の中で自動運転とともに注目されているのがワイヤレス給電だ。 01/20 18:32

クリスマスムードを一層盛り上げてくれるのがイルミネーションだ

12月といえばクリスマス。 12/24 11:21

「モノづくり日本会議共同議長賞」を受賞したロームの「超高速パルス制御技術「Nano Pulse Control」搭載 電源IC」。わずか数ミリのこの部品が、日本の未来を支えるかもしれない

モノづくり日本会議と日刊工業新聞社が主催する「2018年 超モノづくり部品大賞」の贈賞式が11月30日、都内のホテルで開催された。 12/16 21:29

ロームは12月4日、業界初となるPC と電源1 つで完結できるモータドライバ評価ツール「RAGU® シリーズ」を発表。モータアプリケーション開発の劇的な効率化に期待。

10年後の未来は、どんな世の中になっているのだろう。 12/09 20:12

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告