コムテック、1カメラドラレコ「HDR002」発売 3年間の長期修理保障付き

2022年6月21日 10:56

印刷

HDR002(画像: コムテックの発表資料より)

HDR002(画像: コムテックの発表資料より)[写真拡大]

 コムテックは、ドライブレコーダーを初めて購入する初心者にもおすすめのモデルとして「HDR002」を6月10日に発売した。価格は2万3,980円(税込)。

【こちらも】消臭・除菌できる車載用の低濃度オゾン発生器、コムテックが発売

■HDR002の概要

 HDR002は、フロントに取り付ける1カメラモデルのドライブレコーダー。

 記録媒体にはClass10対応の16GBmicroSDカードを付属しており、このカードで最長270分までの記録が可能だ。最大は128GBまで対応。microSDカードの破損に備えたSDカードチェック機能も装備しており、起動時にはカードが使用できるかを確認。破損していた場合には、液晶にてドライバーに異常を通知する。

 初心者向けに嬉しい機能としては、3年間の長期修理保証が付属しており、3年間は故障しても無償で修理が可能だ。

 前面に装備されているカメラは200万画素の高画素カメラ。録画方法は、エンジンONからOFFまでを録画する常時録画、Gセンサーを利用した衝撃録画、スイッチを押すことで録画を始めるマニュアル録画の3種類を用意。

 録画した映像は、液晶画面もしくは、ホームページからダウンロード可能なビューワソフトを使用する。ビューワソフトは撮影映像、Gセンサー情報、記録データ情報が確認可能。地図表示では、自車が走行したルートを確認することもできる。

 液晶には2.7インチのフルカラーTFT液晶を採用。録画している画像を常時点灯する他、速度連動や時計表示も選択で表示可能だ。液晶画面にはノイズ対策がされており、地デジやナビに影響しにくい仕様。HDRも採用されているため、白とびも少なくなっている。

 また駐車監視・直接配線コード「HDROP-14」と組み合わせることで、オプションの最大24時間録画可能な駐車監視機能を利用できる。バッテリー保護を備えているため、作動中でも車両バッテリーが設定電圧以下に降下すると、録画を中止する。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワード

関連記事