東京為替:中国のゼロコロナ政策による経済悪化を意識して円買い強まる

2022年5月16日 11:36

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:36JST 東京為替:中国のゼロコロナ政策による経済悪化を意識して円買い強まる
16日午前の東京市場でドル・円は128円80銭台で推移。一時129円65銭まで買われたが、ゼロコロナ政策による中国経済指標の悪化を警戒してドル買い・円売りは縮小。クロス円取引に絡んだ円買いが急速に増えたことも影響しているようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円70銭から129円64銭、ユーロ・ドルは、1.0387ドルから1.0417ドル。ユーロ・円は133円79銭から134円91銭。《MK》

関連記事