日経平均テクニカル:4日ぶり急反発、陰の陽はらみも13・26週DC示現

2022年1月28日 18:15

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:4日ぶり急反発、陰の陽はらみも13・26週DC示現
28日の日経平均は4日ぶりに急反発した。ローソク足は陽線を描き、胴体部分が前日陰線の胴体部分に収まる「陰の陽はらみ」を底値圏で示現し、下落トレンドの反転局面入りを窺わせた。25日移動平均線とのマイナス乖離率が5.23%と売られ過ぎラインの5%を超えていることもあり、週明けの値戻し継続に期待をつなぐ形となった。反面、13週線と26週線のデッドクロスが確定して中長期の下落トレンド入りを示唆。25日線も下向きで終了しており、本日の反発がダマシに終わるリスクにも留意が必要となろう。《FA》

関連記事