オートバックス、公式アプリにメンテナンス管理の機能を追加

2021年10月22日 11:57

印刷

オートバックスアプリに追加された新機能「車のカルテ」(画像:株式会社オートバックスセブン発表資料より)

オートバックスアプリに追加された新機能「車のカルテ」(画像:株式会社オートバックスセブン発表資料より)[写真拡大]

 オートバックスセブンは20日、オートバックス公式アプリに、愛車のメンテナンス情報が一目でわかる新機能「車のカルテ」を追加した。エンジンオイル、エアコンフィルターなど7項目が確認可能となる。

【こちらも】ハイエースに市販8インチナビの取り付けキット カナック企画が発売

 クルマのメンテナンスは、長く安全に使用するために不可欠だが、クルマに詳しくないと、いつ行なえば良いか分からないことも多いだろう。

 かつてはメンテナンス時期を知る方法に、ガソリンスタンドで給油するときの店員からの助言があったが、今はセルフスタンドが一般的になり、ガソリンスタンドでのメンテナンスは減っている。

 車検も以前はディーラーで受けることが多く、そのまま定期点検もお願いする流れから、メンテナンスのすべてをディーラー任せとしている人も多かった。

 だが最近では、格安車検の登場でプロからの助言が少なくなったことから、メンテナンスのタイミングも自分で考える必要が出てきている。オートバックスの「車のカルテ」は、そんなメンテナンス忘れを防止する機能だ。

 お知らせ項目は、「エンジンオイル」「オイルフィルター」「夏タイヤ」「スタッドレスタイヤ」「エアコンフィルター」「ワイパー」「バッテリー」の7項目。いずれもクルマを日常的に使う場合、欠かせないメンテナンスといえる。

 エンジンオイルとオイルフィルターは、交換作業した店舗で、シールなどに距離を記載して次回の交換時期が分かるようにしている。だがユーザーがそれを常日頃から確認してオイル交換することは、かなり面倒といえる。

 またエアコンフィルターもエンジンオイルと同じく、目に見えない機能のため、交換時期を忘れがちになる。花粉や黄沙、そして排気ガスなどを除去して車内をクリーンにするエアコンフィルターが目詰まりを起こすと、エアコンの効率が知らず知らずのうちに落ちてしまう。

 タイヤやワイパーは、目視でも確認可能だが、エンジンオイルなど状態が把握しづらい部分を通知してくれる機能は、忙しい毎日を過ごすドライバーにとっては有益と言えるだろう。(記事:小泉嘉史・記事一覧を見る

関連記事