NY債券:米長期債相場は反落、9月小売売上高は予想外の増加

2021年10月16日 07:10

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:10JST NY債券:米長期債相場は反落、9月小売売上高は予想外の増加
15日の米国長期債相場は反落。この日発表された9月米小売売上高は予想外に増加したことを受け、長期債などの利回り水準は上昇した。商務省が発表した9月小売売上高は前月比+0.7%と市場予想に反し増加した。8月実績は+0.7%から+0.9%に上方修正された。市場参加者の間では、米連邦準備制度理事会(FRB)は11月中にも量的緩和の縮小に着手する公算が大きいとみられているが、利上げ開始は2022年後半になるとの見方が依然として多いようだ。なお、物価連動国債(TIPS)と通常国債の利回り格差で、期待インフレを示すBEIは、一時2.753%近辺をつけたようだ。市場関係者によると2005年4月以来の水準となる。10年債利回りは1.535%近辺から一時1.577%近辺まで上昇した。

イールドカーブは、短・長期間でスティープニング気配。2年−10年は+117.90bp近辺、2−30年は+164.90bp近辺で引けた。2年債利回りは0.39%(前日比:+3bp)、10年債利回りは1.57%(同比:+6bp)、30年債利回りは、2.04%(同比:+3bp)で取引を終えた。《MK》

関連記事