もみ合い、新値足陰転も25日線乖離縮小/日経225・本日の想定レンジ

2021年9月22日 07:48

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:48JST もみ合い、新値足陰転も25日線乖離縮小
[本日の想定レンジ]

21日は米NYダウが50.63ドル安の33919.84、ナスダック総合指数が32.50pt高の14746.40、シカゴ日経225先物が大阪日中比20円高の29780円。本日の日経平均は節目の3万円前後でのもみ合いが予想される。昨日は下向きに転じた5日移動平均線を上回ることなく終了。新値3本足が陰転し、パラボリックが売りサイン点灯を開始しており、短期的な売り圧力増大が予想される。ただ、25日線との上方乖離率は3.31%に縮小しており、先週までの過熱状態は急速に後退している。日足一目均衡表では基準線と転換線がともに横ばいで引けたこともあり、方向感は上下どちらにも出にくいだろう。

[予想レンジ]

上限30100円−下限29800円《YN》

関連記事