アルトナー 急伸後急落、業績上方修正も想定の範囲内として出尽くし感が優勢に

2021年9月9日 13:53

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:53JST アルトナー---急伸後急落、業績上方修正も想定の範囲内として出尽くし感が優勢に
アルトナー<2163>は急伸後急落。前日に上半期決算を発表、営業利益は5.7億円で前年同期比19.2%増益となり、通期予想は従来の8.1億円から9.3億円、前期比4.9%増に上方修正している。年間配当金も従来計画23円から28円にまで引き上げ。稼働人員、技術者単価、労働工数が想定以上に順調に推移しているもよう。買い先行でスタートしたものの、第1四半期も2割超の営業増益であり、想定の範囲内の修正幅であることから、その後は出尽くし感が優勢に。《YN》

関連記事