欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米FRB議長の発言注視もFOMC議事要旨に思惑

2021年8月17日 17:25

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米FRB議長の発言注視もFOMC議事要旨に思惑
17日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)議長が引き締めに慎重姿勢なら、ドル売り先行の見通し。ただ、連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を見極めようと、ドルの下げは小幅にとどまりそうだ。

前日発表されたNY連銀製造業景気指数は予想外に弱い内容となり、米10年債利回りの低下を受けドル売り優勢の展開となった。ユーロ・ドルは1.18ドルに接近し、ドル・円は109円10銭付近に値を下げた。ただ、NY株式市場で強気相場が鮮明になり、リスク選好の円売りが主要通貨をサポート。本日アジア市場では米長期金利が小幅に持ち直し、ドル売りは一服している。アジア株はまちまちだが、ドル・円は底堅さが立つ。

この後の海外市場では、大学生が参加する討論会でのパウエルFRB議長の発言が注目される。ただ、市場では資産買入れの段階的縮小(テーパリング)言及への期待は根強いが、足元で発表された経済指標は低調な内容が目立つ。同議長が金融政策に言及したとしても引き締めには慎重とみられ、積極的なドル買いは入りづらい展開となろう。とはいえ、明日公表のFOMC議事要旨(7月開催分)を見極めようと、ドルへの売りは限定的となりそうだ。

【今日の欧米市場の予定】
・18:00 ユーロ圏・4-6月期GDP改定値(前年比予想:+13.7%、速報値:+13.7%)
・21:30 米・7月小売売上高(前月比予想:-0.2%、6月:+0.6%)
・22:15 米・7月鉱工業生産(前月比予想:+0.5%、6月:+0.4%)
・22:15 米・7月設備稼働率(予想:75.7%、6月:75.4%)
・23:00 米・8月NAHB住宅市場指数(予想:80、7月:80)
・23:00 米・6月企業在庫(前月比予想:+0.8%、5月:+0.5%)
・02:30 パウエル米FRB議長オンライン対話集会主催(教育関係)
・04:45 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁オンライン対話集会開催(経済関係)《FA》

関連記事