日経平均は315円高、寄り後はもみ合い

2021年7月21日 09:11

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:11JST 日経平均は315円高、寄り後はもみ合い
日経平均は315円高(9時10分現在)。今日の東京株式市場は買いが先行した。昨日の米株式市場で主要3指数(ダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500)が大幅に反発した流れを引き継いだ。また、日経平均が昨日までの5営業日続落で1300円を超す下げとなったことから、押し目買いも入りやすかった。さらに、外為市場で1ドル=109円90銭前後と、昨日15時頃に比べ40-50銭ほど円安・ドル高に振れたことなども東京市場の安心感となった。一方、日本国内やアジア、欧米などで新型コロナ感染が拡大しており、足元経済や企業活動への悪影響が引き続き懸念され、株価の重しとなった。また、明日から東京市場が4連休となることから、積極的な売買を手控える向きもあったが、寄付き段階では買いが優勢だった。寄り後、日経平均はもみ合いとなっている。《FA》

関連記事