アステナHDグループが新型コロナ治療薬開発の臨床試験に用いる経口投与治験薬製剤の製造を受託

2021年7月20日 07:41

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■オンコリスバイオFが開発中、経口投与が可能な治療薬として注目

 アステナホールディングス(アステナHD)<8095>(東1)の子会社スペラファーマ株式会社は、このたび、オンコリスバイオファーマ(オンコリスバイオF)<4588>(東マ)が現在開発中の新型コロナウイルス感染症治療薬『OBP-2011』について、治験薬製剤のGMP(国際規範に基づく省令に準拠した)製造を受託することで基本合意した。アステナHDが7月19日の夕方、発表した。

 オンコリスバイオFが開発中の新型コロナウイルス感染症治療薬候補『OBP-2011』は、新型コロナウイルス感染症のウイルス増殖を抑制する経口投与が可能な治療薬として開発が進められている。

 既に、原薬の製造は、スペラファーマの子会社のスペラネクサス株式会社(旧:岩城製薬株式会社)が受託している(2021年3月22日付公表)が、今回、スペラファーマは、臨床試験において経口投与するための治験薬製剤のGMP製造を受託した。22年3月までに納品完了することを目標としている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

【関連記事・情報】
【特集】「トリプル・ブルー」となった割安株、個人投資家の参戦余地は?(2021/02/01)
【編集長の視点】京阪神ビルは高値期日一巡を先取り業績上方修正・増配を買い直して反発(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】米国はコロナ禍で起業ラッシュ、日本は?(2021/02/08)
朝日ラバーは調整一巡、22年3月期収益回復期待(2021/03/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事