北の達人 急伸、第1四半期減益決算も好調な新規獲得件数などを評価

2021年7月16日 13:31

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:31JST 北の達人---急伸、第1四半期減益決算も好調な新規獲得件数などを評価
北の達人<2930>は急伸。前日に第1四半期決算を発表、連結営業利益は4億円で前年同期単独比では減益となっている。新規獲得件数の拡大によって売上高は順調に拡大したものの、計画を大きく上回る規模で広告投資を行ったことが減益要因につながった。据え置きの通期計画18.7億円に対する収益の進捗はやや低いものの、想定を上回る新規獲得件数の増加は今後の業績拡大につながるとして、ポジティブな反応が優勢に。《YN》

関連記事