米国株見通し:底堅い値動きか、ハイテク株買い継続なら下支え

2021年6月23日 14:57

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:57JST 米国株見通し:底堅い値動きか、ハイテク株買い継続なら下支え
(14時50分現在)

S&P500先物      4,243.38(+7.13)
ナスダック100先物  14,294.62(+36.37)


グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅高、NYダウ先物は70ドル高。NY原油先物(WTI)は堅調で、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。


22日の取引で主要3指数は続伸。ダウは上げ幅を前日より縮小したが、68ドル高で一時34000ドルを回復している。この日発表されたリッチモンド連銀製造業指数や中古住宅販売件数は全般的に底堅い内容で、買い継続の手がかりに。また、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言は足元の早期利上げ観測を弱め、株買いを後押し。ただ、FRBのタカ派的な政策方針への思惑から売りも観測され、指数の一段の上昇は抑制された。


本日は底堅い値動きか。今晩発表のPMIでサービス業は引き続き高水準だが、製造業の回復に一服感が示されれば買い縮小の要因になりやすい。また、FRB当局者発言ではタカ派的な政策方針に市場は反応し、買いづらい地合いが想定される。半面、景気はおおむね好調を維持しており、正常化を先取りした買いは継続しよう。国債入札が好調なら長期金利の上昇は抑制され、前日同様、主力ハイテク株などを中心とした買いが相場を下支えしそうだ。《TY》

関連記事