ライカが独自スマホ「LEITZ PHONE 1」発表、ソフトバンク独占販売

2021年6月22日 16:56

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 ドイツの老舗カメラメーカーであるライカ(Leica)が独自スマートフォンを発表した(ソフトバンクEngadgetデジカメWatch)。

シャープの「AQUOS R6」がベースとなっているようであるが、「AQUOS R6」でライカが監修した部分は「カメラ」に限られるのに対し、「LEITZ PHONE 1」は外観からUI / UXに至るまで、総合的に開発をライカが監修しているらしい。
ライカ独自スマホ LEITZ PHONE 1 の実機を見る、AQUOS R6との違いは
「AQUOS R6」と「Leitz Phone 1」、どこが同じでどこが違う?
ライカ初のスマホ「Leitz Phone 1」。その外観から読み取る“ライカらしさ”とは

ライカ自身がスマートフォンを出すのは少し驚きだが、さすがのライカでもカメラだけでは将来的に事業を継続できない見通しなのだろうか。「AQUOS R6」は、ドコモでの価格が11万5632円、ソフトバンクでの価格が13万3920円であるのに対して、「Leitz Phone 1」のソフトバンクでの価格は18万7920円となっている。ストレージ容量は違っているとはいえ、この価格差分の仕上がりになっているか興味のわくところである。ライカ自身が出すので期待は持てるが、みなさんどう思われますか。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | グラフィック | 携帯電話 | 携帯通信

 関連ストーリー:
シャープ、1インチセンサーカメラを搭載した5Gスマートフォン「AQUOS R6」発表 2021年05月18日
ソニー、可変式望遠レンズを搭載する5Gスマートフォンを発表 2021年04月16日
ソニー、クリエイター向け高性能スマートフォン「Xperia PRO」を発表。税込で約25万円 2021年01月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクドイツシャープライカAQUOS R

関連記事