KDDIとNokia、基地局電力使用量を削減する実証実験

2021年6月22日 16:55

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 KDDI と Nokia は18日、KDDI の携帯電話基地局で Nokia の液体冷却 AirScale ベースバンドソリューションと Nokia AVA を用い、電力使用量を削減する実証実験の実施を発表した(KDDI のプレスリリースNokia のプレスリリースNeowin の記事)。

Nokia AVA は AI によるエネルギー効率ソリューションで、基地局ごとの季節変動などによるトラフィック量の変化を分析し、動的に電波を停波・発射することでエネルギーコストを最大20%削減する。基地局単位では時間帯によって最大50%の電力使用量を削減できることを確認しているそうだ。

液体冷却 AirScale ベースバンドソリューションは、従来の空冷システムと比べてベースバンド装置冷却にかかる消費電力を70%削減可能で、熱再利用のオプションを導入すれば効率はさらに向上するという。騒音が大きく定期的なメインテナンスが必要な空冷システムとは異なり、実質無音でメインテナンスが不要なため、テナントが入る建物に最適とのこと。

これら2つの Nokia の技術を商用の基地局に導入するのは日本初であり、KDDI では検証ののち2023年頃の本格導入を目指す。なお、KDDI の発表では AI によるエネルギー効率向上が主になっており、Nokia の発表では液体冷却による消費電力削減が主になっている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | モバイル | 地球 | ハードウェア | 通信 | 電力 | 携帯電話

 関連ストーリー:
NTT東西が5G用ビル向け光ファイバー貸出料を4〜5割引き下げへ 2021年06月03日
アマチュア無線の会員数が27年ぶりに増加。コロナ禍で再人気なのか 2021年06月01日
携帯電話基地局施設の柵の鍵はORゲート方式 2021年05月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードKDDINokia

関連記事