トヨタは1万円乗せ後も一段高、18日から自社株買いを開始、9月には株式5分割

2021年6月16日 09:32

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■連日最高値、時価総額型株価指数に準拠するファンドなど買う

 トヨタ自動車<7203>(東1)は6月16日、一段高で始まり、取引開始後は1万250円(175円高)まで上げて最高値を連日更新し、昨日、初の1万円台に乗った後も上値を追う相場になっている。

 自社株買い(自己株式の取得)を6月18日から同年9月30日まで実施すると発表済みで、取得上限株数は4100万株(自己株式を除く発行済株式総数の1.46%)、取得総額は2500億円。

 また、9月30日を基準日として、同日付の株主の所有する当社普通株式を、1株につき5株の割合をもって分割することを5月12日に発表済み。時価総額も最高を更新しており、時価総額型の株価指数に準拠するファンドなどからの買いも旺盛のようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
神鋼商事は上値試す、21年3月期は需要回復が想定以上で最終増益予想(2021/03/10)
アールシーコアは下値固め完了、22年3月期収益改善期待(2021/03/10)
ケンコーマヨネーズはボックス上放れの動き、21年3月期減収減益予想だが上振れ余地(2021/03/10)
JPホールディングスは調整一巡、21年3月期予想は上振れの可能性(2021/03/10)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事