11日の日本国債市場概況:債券先物は151円89銭で取引終了

2021年6月11日 15:32

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:32JST 11日の日本国債市場概況:債券先物は151円89銭で取引終了
<円債市場>
長期国債先物2021年9月限
寄付151円83銭 高値152円02銭 安値151円79銭 引け151円90銭
売買高総計48879枚

2年 425回 -0.130%
5年 147回 -0.125%
10年 362回 0.030%
20年 176回 0.410%


11日の債券先物9月限は、やや上げ渋り。151円83銭で取引を開始し、151円79銭まで下げた後、152円02銭まで買われた。しかしながら、午後の取引で伸び悩み、151円90銭で取引を終えた。現物債の取引では、2年債の気配が相対的に甘くなった。

<米国債概況>
2年債は0.15%、10年債は1.44%、30年債は2.13%近辺で推移。債券利回りは、
やや低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.27%、英国債は0.75%、オーストラリア10年債は1.48%、NZ10年債は
1.62%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]

・23:00 米・6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:84.2、5月:82.9)
・G7サミット(英コーンウォール、13日まで)《MK》

関連記事