前日に動いた銘柄 part2 塩野義製薬、日本郵船、ファナックなど

2021年6月11日 07:32

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 塩野義製薬、日本郵船、ファナックなど
銘柄名<コード>10日終値⇒前日比
塩野義製薬<4507> 5839 +192
年内に3000万人分のワクチン量産体制と伝わる。

日本郵船<9101> 5110 +180
10日は海運セクターが業種別値上がり率トップに。

エーザイ<4523> 10000 -755
大和証券では目標株価を引き下げ。

テイクアンドギヴ・ニーズ<4331> 1065 -47
足元の株価急伸に短期的な過熱感も。

ペッパーフードサービス<3053> 455 -57
急ピッチの上昇による警戒感で9日から利食い優勢に。

クロス・マーケティンググループ<3675> 701 -46
直近高値更新による達成感が優勢にも。

ラクーンHLDG<3031> 2635 -138
決算発表控えて関心売りが優勢にも。

ツカダGHD<2418> 429 -34
アフターコロナ銘柄として直近で強い動き。

AOKI HLDG<8214> 747 -38
3月高値更新による買い戻しの動きにも一巡感。

モリテック スチール<5986> 501 -27
戻り鈍く短期資金の手仕舞い売りが優勢。

日本航空電子工業<6807> 1840 -87
特に材料観測されないがマド空けスタート後も下げ幅広げる。

青山商事<8219> 855 -42
AOKIの株価上昇の一服も影響か。

コシダカHLDG<2157> 644 -27
アフターコロナ銘柄の上昇にも一服感で。

イーレックス<9517> 1931 -46
9日からは利食い売り優勢の流れが強まる。

J.フロント リテイリング<3086> 1163 -29
3月高値更新で達成感も強まる。

ルネサスエレクトロニクス<6723> 1183 -28
公募価格決定でもあく抜け感は強まらず。

テルモ<4543> 4473 +130
UBS証券では投資判断を格上げ観測。

ファナック<6954> 26390 +455
5月工作機械受注の好調持続などもポジティブ視。

パレモHD<2778> 204 +18
婦人衣料を展開企業の株価上昇など刺激。

ナガホリ<8139> 187 +10
値動きの軽い低位株として値幅取りの動きに。

Abalance<3856> 4815 +315
サミット開催控えて再生エネ関連の一角として物色も。

東京ソワール<8040> 1500 -140
過熱感からの利食い売りが優勢。

フリージアマクロス<6343> 147 -10
東京ソワールの大幅安なども逆風に。

ALBERT<3906> 6270 +1000
SBIHDと資本業務提携、ビッグデータやAI活用で協業。

勤次郎<4013> 2266 +173
60万株(10億円)を上限に自社株買いへ(6月10日から11月30日)。

SYSホールディングス<3988> 1341 +28
21年7月期予想を上方修正、営業利益は3.30億円から3.60億円に引き上げ。

ナ・デックス<7435> 743 -35
22年4月期営業利益見通しは前期比44.3%増の9.05億円。

大塚家具<8186> 295 -15
ヤマダHDが完全子会社化、株式交換比率は1対0.58、8月30日付で上場廃止。

シンバイオ製薬<4582> 2118 -173
東証が10日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施へ。

ハウテレビジョン<7064> 1845 -106
第1四半期の営業損失は0.38億円と赤字拡大で着地。

鴨川グランドホテル<9695> 288 -5
急伸し一時352円まで上昇する場面も。

テンダ<4198> 5500 -
10日JASDAQ市場へ新規上場、公開価格は3250円。前場段階で初値形成に至らず。

ワンダープラネット<4199> 4815 -
10日マザーズ市場へ新規上場、公開価格は2560円。4115円で初値形成。《FA》

関連記事