マルマエが連日高値を更新、政府の成長戦略に期待強まり半導体・電子部品株が軒並み高い

2021年6月7日 10:52

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■東京エレ、芝浦メカなど上げTDK、太陽誘電なども高い

 マルマエ<6264>(東1)は6月7日、取引開始後に2159円(67円高)まで上げて2018年以来の高値を連日更新し、10時30分にかけても2130円前後で推移している。

 半導体・FPD製造装置の心臓部である真空パーツや高精度パーツを社内一貫生産体制で製造し、政府が月内に決める成長戦略の原案を公表し、半導体産業などに政策を総動員する方針と6月3日に伝えられてから一段と上げピッチを強めている。

 7日は半導体製造の後工程メーカーの芝浦メカトロニクス<6590>(東1)が一段高となり2007年以来の8000円台に乗り、製造装置大手の東京エレクトロン<8035>(東1)は出直りを強め、半導体関連株が軒並み高となっている。さらに、TDK<6762>(東1)などの電子部品株も軒並み出直りを強めている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
神鋼商事は上値試す、21年3月期は需要回復が想定以上で最終増益予想(2021/03/10)
アールシーコアは下値固め完了、22年3月期収益改善期待(2021/03/10)
ケンコーマヨネーズはボックス上放れの動き、21年3月期減収減益予想だが上振れ余地(2021/03/10)
JPホールディングスは調整一巡、21年3月期予想は上振れの可能性(2021/03/10)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事