Apple M1プロセッサに設計上の脆弱性が見つかる

2021年5月31日 18:59

印刷

記事提供元:スラド

「Apple M1」プロセッサ上にLinuxを移植する過程で、M1プロセッサに設計上の脆弱性があることが判明したそうだ。この脆弱性を発見したHector Martin氏は「M1RACLES」と名付けている。M1RACLESはすでにCVE-2021-30747識別子として割り当てられているという(CVE-2021-30747PhoronixTECH+Ubergizmo JAPAN)。

この脆弱性では、OS上で実行されている2つのプロセス間で、OS側の機能を必要とせずにデータ交換できるというもの。これは異なる権限レベルで動作するプロセス間でも動くとされている。ただ、この脆弱性を悪用するためには、システムが侵害されている状態でなければならず、そうでない状況では悪用は難しいとされている。この脆弱性がM1プロセッサの後継モデルで修正されるかは不明。 

スラドのコメントを読む | アップルセクション | ハードウェア | セキュリティ | アップル

 関連ストーリー:
Apple、M1チップ搭載iMacとiPad Proを発表 2021年04月21日
IntelがM1マックのアンチキャンペーンを継続。今度は元Get a MacのMac役にM1マックをディスらせる 2021年03月22日
macOS Big Sur 11.2.2リリース、非準拠のサードパーティ製電源内蔵USB-Cハブやドックの接続で故障する問題を修正 2021年03月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性AppleLinux

関連記事