クリナップは22年3月期増収増益予想

2021年5月12日 09:18

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

(決算速報)  クリナップ<7955>(東1)は5月11日の取引時間終了後に21年3月期連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響を受けて減収だが、リフォーム需要が緩やかに回復傾向となり、原価低減効果も寄与して各利益は増益で着地した。22年3月期は増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は下値を切り上げている。増収増益予想を評価して戻りを試す展開を期待したい。

■21年3月期は減収だが増益、22年3月期は増収増益予想

 21年3月期の連結業績(4月16日に売上高、利益とも上方修正)は、売上高が20年3月期比3.1%減の1041億85百万円、営業利益が4.6%増の26億14百万円、経常利益が6.6%増の27億14百万円、親会社株主帰属当期純利益が19.2%増の17億46百万円だった。配当は20年3月期と同額の20円(第2四半期末10円、期末10円)とした。

 新型コロナウイルスの影響を受けて減収だが、巣ごもり消費でリフォーム需要が緩やかに回復傾向となり、原価低減効果も寄与して各利益は増益で着地した。厨房部門は2.3%減収、浴槽・洗面部門は7.2%減収だった。なお特別利益に雇用調整助成金1億41百万円を計上した。

 四半期別に見ると、第1四半期は売上高220億27百万円で営業利益5億07百万円の赤字、第2四半期は売上高256億45百万円で営業利益5億92百万円、第3四半期は売上高291億36百万円で営業利益22億24百万円、第4四半期は売上高273億77百万円で営業利益3億05百万円だった。

 22年3月期の連結業績予想は、売上高が21年3月期比5.6%増の1100億円、営業利益が7.1%増の28億円、経常利益が6.8%増の29億、親会社株主帰属当期純利益が3.1%増の18億円としている。配当予想は20年3月期と同額の20円(第2四半期末10円、期末10円)とした。

 新型コロナウイルスの影響が不透明だが、積極的な営業活動、生産設備の整備、ショールームの改装、情報基盤整備への投資、原価低減、全社的なコスト削減を推進するとしている。収益拡大を期待したい。

■株価は戻り試す

 株価は下値を切り上げている。増収増益予想を評価して戻りを試す展開を期待したい。5月11日の終値は551円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS48円79銭で算出)は約11倍、時価総額は約206億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エイトレッドは調整一巡、21年3月期上振れ余地(2021/03/16)
シナネンホールディングスは上値試す、21年3月期上振れ余地(2021/03/16)
日本エンタープライズは下値切り上げ、21年5月期増収増益予想(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】「コロナ後」~米国はインフレ懸念、日本はデフレ懸念という対照(2021/03/21)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告