塩野義製薬、新型コロナ国産ワクチンの年内実用化目指す 変異株対応も

2021年5月12日 09:09

印刷

記事提供元:スラド

塩野義製薬の手代木功社長は10日に行われたメディアとの電話での決算会見の中で、COVID-19治療薬については現在開発を進めていると話した(時事ドットコムNHK産経新聞日経新聞読売新聞)。

同社は遺伝子組み換えのタンパクワクチンを開発中で、現在は第1、2段階にあたる第1/2相試験を進めているとしている。今年9月末までに臨床試験を開始する方針で、今年度中に提供したい意向だとのこと。厚生労働省と条件付き承認に向けて協議中だとしており、承認が得られれば、21年中に1000万人分以上を量産できると話しているという。日本企業がワクチンを開発することにより、独自の変異株が出た場合の対処が難しくなるとして、開発の重要性を強調したとしている。 

スラドのコメントを読む | 日本 | 医療

 関連ストーリー:
COVID-19に関する緊急事態宣言とまん延防止等重点措置、5月31日まで延長 2021年05月08日
都内NTT固定電話への着信を制限へ。接種予約で通信量増加か 2021年05月07日
ワクチン接種の予約受付におけるサーバー負荷について 2021年05月05日
日本赤十字社がワクチン接種後の献血について発表。政府は大規模な接種会場を設置へ 2021年05月01日
ワクチン接種者に2000円分の商品券を配布へ。大阪府羽曳野市 2021年04月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード塩野義製薬

関連記事