日本最多1250種が咲く「あじさい祭」長崎ハウステンボスで

2021年5月9日 18:21

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 日本最多1,250品種のあじさいが咲き誇る「あじさい祭」が、長崎県のハウステンボスで開催される。期間は2021年5月29日(土)から6月27日(日)まで。

 「あじさい祭」は、ヨーロッパの街並みを再現したハウステンボス場内を、あじさいや初夏の花々が彩るイベント。グルメやグッズで季節の移り変わりを楽しむ「フラワーフェスティバル」も同時開催される。

■見どころ1:ショーを同時に楽しめる「花の広場」

 街の中心にある「花の広場(アムステルダム広場)」では、あじさいをはじめとする花々に囲まれながら、季節限定ステージショー「レインショー」を鑑賞することが可能。ホテルレストランの料理を味わいながら、ゆっくり流れていくひと時を堪能することもできる。

■見どころ2:撮影スポット「あじさいの運河」

 アムステルダムシティと光のファンタジアシティ間の運河では、「あじさいの運河」を展開。運河沿いに咲き誇る色とりどりのあじさいとともに、写真撮影を楽しむのも良いかもしれない。

■見どころ3:日本最多1,250品種のあじさいが集結

 宮殿パレス ハウステンボスへと向かう参道「あじさいロード」には、日本最多1,250品種のあじさいが集結。「ありがとう」「長崎の恋」「歌合わせ」など、ユニークな名前や珍しい形のあじさいを目にすることができる。

場内には、「あじさい祭」初登場となる「ハウステンボス」という名のあじさいや、見つけると幸せになると言われている“ハート形”あじさいも咲いているので、散策しながら探してみて。

■雨の日でも夜でもあじさい観賞

 あじさいをどんな時でも楽しめるのが、「あじさい祭」の魅力の1つ。直営ホテルのホテルヨーロッパが期間限定で「あじさいのホテル」に変貌するので、雨の日や暑い日は、室内であじさいの魅力を堪能することが可能だ。また、夜にはライトアップも行うので、よりロマンティックなムードであじさいを観賞することもできる。

■あじさいモチーフのスイーツ&グッズも

 同時開催の「フラワーフェスティバル」では、あじさいをモチーフにしたグルメ&グッズなどを展開。地元牧場の牛乳を使用したアイスに、あじさいをイメージした寒天をトッピングした「紫陽花あんみつパフェ」や、足裏のあじさいの刺繍を施した限定ベア「AMANE」などを用意する。

【詳細】
ハウステンボス「あじさい祭」
開催期間:2021年5月29日(土)~6月27日(日)
住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町
営業時間:9:00~21:00(最終入場20:00)※5月31日(月)までの営業時間
※営業時間は変更になる場合がある。最新の情報は公式サイトにて確認。
チケット:1DAYパスポート 大人7,000円、中人6,000円、小人4,600円、未就学児3,500円、おもいやり5,000円、3歳以下は無料
※チケット詳細は公式サイトにて確認。

【問い合わせ先】
ハウステンボス総合案内(ナビダイヤル)
TEL:0570-064-110

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードハウステンボス

関連記事